中国語 (繁体字) / 繁體中文 スペイン語 / Español サーバ証明書の置き換えインストール 1-4. 目次1. クロアチア語 / Hrvatski フィンランド語 / Suomi ドイツ語 / Deutsch サーバ証明書のインストール 1-3. 自己署名証明書をインポートするように Internet Explorer を構成することができます。 証明書を受け入れるように Internet Explorer を設定してから、その証明書を信頼済みサイトに追加します。 手順. 中国語 (簡体字) / 简体中文 デンマーク語 / Dansk DISQUS terms of service. Active Directory 証明書サービス(AD CA) の ルート証明書 を エクスポート ... Windows Servier 2012 で 証明書サービス(認証局) の 構築 IIS で SSL/TLS を 自己署名入り証明書 で 設定 する方法 ASP.NET + StyleCop で発生する警告の回避方法 2月 4; 1月 4; 2013 85. カタロニア語 / Català フランス語 / Français That information, along with your comments, will be governed by 英語 / English 前提条件 1-2. By commenting, you are accepting the 中間CA証明書のインストール 1-2-4. ルートCA証明書のインストール 1-2-3. ポーランド語 / polski 事前準備 1-2-2. 中間ca証明書のインストール 1-2-4. 起動確認, IIS10.0 (以下IIS)でサーバ証明書を使用する場合の前提条件について記載します。適宜、サーバ証明書をインストールする利用管理者様の環境により、読み替えをお願いします。(本マニュアルではWindows Server2016、OpenSSL1.0.1eでCSRを作成し、IIS10.0へインストールする方法での実行例を記載しております), CSR作成時は既存の鍵ペアは使わずに、必ず新たにCSR作成用に生成した鍵ペアを利用してください。更新時も同様に、鍵ペアおよびCSRを新たに作成してください。鍵ペアの鍵長はRSA鍵の場合、2048bitECDSA鍵の場合、384bitにしてください。, 事前準備として、サーバ証明書、中間CA証明書を取得してください。また、ルートCA証明書がインストールされているか確認を行ってください。, 中間CA証明書を準備します。 次のURLにアクセスすることでリポジトリにアクセスすることが可能です。 リポジトリ:https://repo1.secomtrust.net/sppca/nii/odca3/index.htmlSHA-2認証局CT対応版サーバ証明書「国立情報学研究所 オープンドメイン SHA-2認証局 CT対応版 CA証明書(nii-odca3sha2ct.cer)」ECC認証局サーバ証明書「国立情報学研究所 オープンドメイン ECC認証局 CA証明書(nii-odca3ecdsa201903.cer)」【サーバー証明書(ecdsa-with-SHA384)をインストールする場合】ECC認証局 中間CA証明書 をnii-odca3ecdsa.cerという名前で保存したと仮定して以降記載します。, 以下の手続きに従って、ルートCA証明書のインストールを行ってください。※ [1-2-1 事前準備]でルートCA証明書が存在した場合は、本手続きは不要です。次の「1-2-3 中間CA証明書のインストール」へ進んでください。, 【サーバー証明書(ecdsa-with-SHA384)利用の場合】 URL:https://repository.secomtrust.net/SC-ECC-Root1/index.html 「Security Communication ECC RootCA1 Certificate(SCECCRoot1ca.cer)」と記述されたリンクを選択してください。, 2.以降の説明はSCRoot2ca.cerを利用した場合の説明になります。  SCECCRoot1ca.cerを利用する場合もファイル名以外は同様の手順となります。, 【ルート証明書がSCECCRoot1ca.cerの場合】拇印が「Fingerprint (SHA-1) = b8 0e 26 a9 bf d2 b2 3b c0 ef 46 c9 ba c7 bb f6 1d 0d 41 41], 【ルート証明書がSCECCRoot1ca.cerの場合】発行先「Security Communication ECC RootCA1」、発行者「Security Communication ECC RootCA1」、「Fingerprint (SHA-1) = b8 0e 26 a9 bf d2 b2 3b c0 ef 46 c9 ba c7 bb f6 1d 0d 41 41」であることを確認してください。, 【ECC認証局 CA証明書をインストールする場合】発行先:NII Open Domain CA  - G6発行者:Security Communication RootCA2, [1-2-1.事前準備]で取得したサーバ証明書と[鍵ペアの生成]で生成した私有鍵をPKCS#12ファイルにします。サーバ証明書と私有鍵を同じフォルダ内に配置し、以下のコマンドを実行してください。カレントフォルダ内に、鍵ペアとサイト証明書(SSL/TLS証明書)を連結したPKCS#12の[servername.pfx]が作成されます。, [スタート] メニューの [すべてのプログラム] をクリックします。[アクセサリ] をクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「mmc」と入力し[OK]ボタンを押下します。, 選択されたスナップインに [証明書 - ローカル コンピューター]が表示されていることを確認し、[OK]ボタンを押下してください。, [コンソールルート] > [証明書 - ローカル コンピューター]が表示されていることを確認してください。, [コンソールルート] > [証明書 - ローカル コンピューター] > [個人] > [証明書]を選択し、右クリックメニューから[すべてのタスク] > [インポート]を選択してください。, 更新したサーバ証明書をインストールする場合は以下の手続きを実施してください。既に対象のサーバに証明書をインストールしている場合は、事前にインストールしている証明書の削除が必要です。, 本章ではインストールした証明書によるSSL通信に問題がないか確認する方法を記述します。, https://repo1.secomtrust.net/sppca/nii/odca3/index.html, https://repository.secomtrust.net/SC-Root2/index.html, https://repository.secomtrust.net/SC-ECC-Root1/index.html, [証明書の申請から取得まで]で受領したサーバ証明書をserver.cerという名前で任意の場所に保存してください。, ルートCA証明書を確認します。Internet Explorerを立ち上げ、[ツール(T)]→[インターネットオプション(O)]で表示されるインターネットオプション画面より[コンテンツタブ]を選択し、[証明書(C)]ボタンを押して証明書ストアを表示してください。証明書画面で[信頼されたルート証明機関]のタブを選択します。, 開いているファイル – セキュリティ警告ウィンドウが表示されますので、[開く(O)]を選択し、[証明書のインストール(I)]を選択してください。, 証明書インポートウィザードが開始されますので、[ローカルコンピューター(L)]を選択し、[次へ(N)]を選択してください。, [証明書をすべて次のストアに配置する(P)]を選択し、[参照(R)]を選択してください。, 証明書ストアの選択画面で、「信頼されたルート証明機関」を選択し、[OK]を選択してください。, 証明書ストアが[信頼されたルート証明機関]であることを確認し、[次へ(N)]を選択してください。, 以下の確認画面が表示されたら、[完了]を選択してください。[正しくインポートされました]が表示されたら、イ ンストールが終了です。, [正しくインポートされました。]が表示されたら、インストールが終了です。[OK]を選択し、証明書インポートウィザードを終了してください。, インストールされた証明書を確認するために、事前準備と同様の方法で発行先、発行者を確認してください。, 上記を確認後、証明書の利用方法の変更を実施します。証明書画面より、当該の証明書を選択しダブルクリックしてください。, 証明書詳細画面が表示されますので、[詳細]タブを選択し、[プロパティの編集(E)]を選択してください。, 証明書プロパティ画面で[全般]タブを選択してください。 [次の目的だけを有効にする(O)]のラジオボタンにチェックを入れると、, 証明書画面に戻るので、証明書の目的の欄に以下の項目が表示されていることを確認し[閉じる(C)]を選択してください。, [証明書]ダイアログが表示されます。発行先と発行者を確認した後、[全般]タブの[証明書のインストール(I)...]を選択してください。, 証明書インポートウィザード]が表示されますので、[ローカルコンピュータ(L)]を選択し、[次へ(N)]を選択してください。, [証明書をすべて次のストアに配置する(P)]を択一し、[参照(R)...]を選択してください。, [証明書ストアの選択]ダイアログが表示されますので、[中間証明機関] を選択し、[OK]を選択してください。, 証明書ストアに[中間証明機関]が表示されていることを確認し、[次へ(N)]を選択してください。, 次に、サーバ証明書をIISに設定します。[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を 起動し、, [...]ボタンをクリックし、手続き1.で準備した[servername.pfx]を指定します。, サーバ証明書をIISに設定します。[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を起動し、該当のサーバを選択し、[サーバー証明書]をダブルクリックします。, [証明書の要求を完了する]ウィザードが起動します。[OK]ボタンを押下します。 証明機関の応答が含まれるファイルの名前:【...】ボタンより保存したサーバ証明書を指定します。 フレンドリ名:任意で証明書を識別するための名前を指定します。, [ツールバー] > [ファイル]  > [スナップインの追加と削除] を選択してください。, [利用できるスナップイン] > [証明書] を選択し、[追加]ボタンを押下してください。, ローカルコンピュータ(このコンソールを実行しているコンピュータ)]を選択し、[完了]ボタンを押下してください。, 手続き「1-2-1 事前準備」で取得した中間CA証明書を、手続き「1-2-3 中間CA証明書のインストール」に従ってインストールしてください。, 手続き「1-2-4 サーバ証明書のインストール」を参照し、更新したサーバ証明書のインストールを実施してください。, サーバ証明書をIISからエクスポートします。[インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を起動し、, [...]ボタンをクリックし、[エクスポート先(E)]を指定します。[パスワード(P)]と[パスワードの確認入力(M)]に, 指定したエクスポート先に、エクスポートした証明書が保存されていることを確認してください。, [インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ]を起動し、該当のサーバを選択し、 [バインド]を選択してください, [サイトバインド]の確認ウィザードが表示されます。[追加(A)]を選択してください。, [サイトバインドの追加]ウィザードが表示されます。[種類(T)]に、httpsを選択します。. ノルウェー語 / Norsk イタリア語 / Italiano 起動確認. 私は開発目的で使用するsubdomain.example.comを持っています。 私のWebアプリケーションソリューションには、外部システムから呼び出す必要のあるWeb APIなどが含まれているため、localhostを使用していません。, 私は今、SSLをテストし、私のsubdomain.example.com開発ドメイン名の証明書が必要です。, 私はhttp://technet.microsoft.com/en-us/library/cc753127(v=ws.10).aspxに記載されているように自己署名証明書を作成しようとしましたが、この証明書はlocalhostでのみ動作します。 この証明書を自分の目的に使用できますか、開発サブドメインの自己署名を作成する必要がありますか? 自分の開発サブドメインの自己署名証明書を作成する必要がある場合、これにどのようなユーティリティまたはオンラインサービス(無料)を使用できますか?, Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2(Windows PowerShell 4.0)以降では、新しいNew-SelfSignedCertificateコマンドレットを使用して自己署名証明書を作成できます。, New-SelfSignedCertificate -DnsName * .mydomain.com、localhost -CertStoreLocation cert:\ LocalMachine \ My, 作成した証明書を選択し、右クリック - >すべてのタスク - >エクスポートを選択し、エクスポートウィザードに従って、.pfxファイルを作成します, コンソールルート→証明書→信頼されたルート証明機関に移動し、新しい.pfxファイルをインポートします, 受け入れられた答えが質問に完全に対応していないか、少なくとも私の問題を解決していないため、この情報を追加しています。, IISの自己署名証明書機能では、証明書の共通名(CN)を設定できないため、選択したサブドメインにバインドされた証明書を作成することはできません。, この問題を回避する方法の1つは、.Net 2.0 SDKにバンドルされているmakecert.exeを使用することです。 私のサーバー上では:, 署名機関を作成し、LocalMachine証明書リポジトリに次のように格納することができます(これらのコマンドはAdministratorアカウントまたは昇格したコマンドプロンプトで実行する必要があります)。, (-inパラメーターの値は、上記の権限を生成するために使用されたCN値と同じでなければなりません)。, Tom Hallの記事で説明されているように、証明書をIISマネージャに表示してサイトにバインドする必要があります。, Mike O'Brien氏の優れたブログ記事http://www.mikeobrien.net/blog/creating-self-signed-wildcardに関するこのソリューションの功績, 私はIIS 8でホストされているプロジェクトにSSLを有効にしたかったのと同じ問題に遭遇しました。最後に、私が使用したツールはOpenSSL 、 makecertコマンドで数日間戦っていました。 IIS 7および8, お使いのOSおよびthis設定ファイルと互換性のあるOpenSSLダウンロードしてください。 設定ファイルをOpenSSLのデフォルト設定として設定します。, まず、秘密鍵と証明機関(CA)の証明書を生成します。 この証明書は、証明書要求(CSR)に署名するためのものです。, 次のような既定の設定で構成ファイルを作成できます。次に、証明機関に送信されるファイルである証明書要求を生成します。, Common Nameには、サイトのドメインを設定する必要があります(例: public.organization.com) 。, 生成された証明書は、IISにインポートできる.pfxファイルにエクスポートする必要があります。, サーバーでCA証明書を信頼されたルート証明機関にインポートする必要があります。これは、IISが証明書をインポートすることを信頼できるためです。 IISにインポートする証明書は、CAの証明書で署名されていることに注意してください。, 最後のステップでは、証明書をIISにインポートし、バインディングサイトを追加します。, 次に、IISマネージャーで自分のサイトに行き、 Bindings ...とAdd a new binding を選択します。, バインディングのタイプとしてhttpsを選択すると、インポートした証明書を確認できるはずです。, http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc753127(v=ws.10).aspx, http://www.mikeobrien.net/blog/creating-self-signed-wildcard, 新しいHTTPSバインディングを追加し、作成した証明書を選択します(証明書がワイルドカード証明書の場合は、ホスト名を指定する必要があります). DISQUS’ privacy policy. チェコ語 / Čeština マケドニア語 / македонски ポルトガル語 / ポルトガル / Português/Portugal カザフ語 / Қазақша ロシア語 / Русский トルコ語 / Türkçe アラビア語 / عربية 日本語 / 日本語 オランダ語 / Nederlands 証明書のインストール 1-2-1. 検索 1. iis10.0 によるサーバ証明書の利用 1-1. ブルガリア語 / Български ギリシャ語 / Ελληνικά IIS(Internet Information Server)のサーバー証明書を取得しIISに設定する手順を紹介します。 Windows Server 2012 の場合 証明書要求ファイルの作成 はじめに証明書を取得するための証明書の要求ファイル … 3月 4. セルビア語 / srpski ハンガリー語 / Magyar 証明書要求は、生成されたCA証明書で署名されます。 openssl x509 -req -days 365 -CA root-cacert.pem -CAkey root-cakey.pem -CAcreateserial -in server-csr.pem -out server-cert.pem; 生成された証明書は、IISにインポートできる.pfxファイルにエクスポートする必要があります。 Please note that DISQUS operates this forum. サーバ証明書のインストール 1-3. 12月 6 ベトナム語 / Tiếng Việt. ボスニア語 / Bosanski 韓国語 / 한국어 前提条件. ルーマニア語 / Română スロベニア語 / Slovenščina IIS10.0 によるサーバ証明書の利用 1-1. When you sign in to comment, IBM will provide your email, first name and last name to DISQUS. タイ語 / ภาษาไทย スロバキア語 / Slovenčina iis10.0 (以下iis)でサーバ証明書を使用する場合の前提条件について記載します。 ヘブライ語 / עברית ポルトガル語 / ブラジル/Brazil / Português/Brasil サーバ証明書の置き換えインストール 1-4. IBM Knowledge Center で検索する, IBM Knowledge Center は JavaScript を使用します。 スクリプトが使用不可になっているか、ご使用のブラウザーではサポートされていません。 JavaScript を使用可能にし、再試行してください。. 自己署名証明書でやってみることに. 「IIS 自己署名証明書」で検索. わかりやすかったのがここ. Windows Server で自己署名 SSL 証明書を作成する手順 スウェーデン語 / Svenska

.

ハードカバー 製本 キット 5, ピアノ 簡単 ディズニー両手 13, ジューサー 搾りかす 冷凍 10, Sanor E リモコン 13, E235 横須賀線 ダサい 46, X3 F25 レビュー 8, オオカミくんには騙されない シーズン5 結果 6, ダイナブック 充電 ランプ 5, モバイルデータ通信ネットワーク 表示されない 楽天 13, カイロソフト セール Switch 4, Th 55fx600 説明書 7, キリンチャレンジカップ 長崎 駐車場 7, 子供 肥満 ブログ 7, ニコ生 Ng 入れた人 特定 7, Cb400sf クラッチ 重い 16, 面会交流 再婚相手 同伴 4, ココナラ イラスト トラブル 5, タップル 既 読 無視 4, 大葉 醤油漬け クックパッド 10, シャンドラ ペイジ エドワーズ 写真 54, あつ森 住人 英語 14, P30 Lite 設定 4, Outlook 書式設定 テキスト デフォルト 19, フィギュア ライズ スタンダード ドラゴンボール レビュー 4, 掃除機 ノズル 作る 4, Cod:mw スコープ 光る 5, 犬 舐める 布団 4, 花畑牧場 おつまみモッツァレラ レシピ 6,