JR出雲市駅に隣接する電鉄出雲市駅から、川跡駅経由で出雲大社前駅まで, ③タクシーをご利用の場合 第19番長浜神社まで16km 車で約25分. 境内の全ての社も同様に行ってください。, 御祭神に最も近づける門で、通常はここから御本殿を参拝します。御本殿と八足門の間には楼門があり、正月五カ日は八足門が開放されて楼門前まで入る事ができます。, 大社造りと呼ばれる日本最古の神社建築様式。1744年(延享元年)に再建されたもので、平成の大遷宮で大屋根や千木などが新装されました。高さは約24m、厚い桧皮葺きの屋根の棟の上には長さ7.9mの二組の千木が交差しています。 出雲大社(いずもおおやしろ 、正仮名遣いでは「いづもおほやしろ」/ いずもたいしゃ)は、島根県 出雲市大社町杵築東にある神社。 祭神は大国主大神 。 式内社(名神大)、出雲国 一宮で旧社格は官幣大社 。 神社本庁の別表神社 。 宗教法人 出雲大社教の宗祠。 ※台数には限りがございます。, ①出雲大社直通空港連絡バスをご利用の場合 Copyright © 出雲大社の歩き方 All Rights Reserved. 出雲大社の御神体 は、 やはり出雲に関係するものですよ ~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ 有難いことに、宮司の横屋さんと一時間近くもお話させて頂きました。 宮司さんとはFacebookでもお友達に成って頂き、出雲の歴史を御教授頂いて居りますm(__)m。 ◯拝観料/200円 Copyright © 「高天原の縁側日記」 All Rights Reserved. 『古事記』に記される国譲り神話では、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲られます。そのときに造営となる壮大な宮殿(※)が出雲大社の始まりといわれています。 御守所 6:00~20:00 大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。, 毎年多くの参拝客が訪れる出雲大社。本殿へは周囲どこからでも向かう事ができますが、正門からの正式な参拝方法をご紹介します。, 大きな石碑とともに立つ高さ8.8m、横幅12mの鋼管製の大鳥居。ここが出雲大社の正門でこの先から参道が始まります。神門通りの入り口にある宇迦橋の大鳥居から出雲大社本殿までは合計4基の鳥居があり、ここは二の鳥居。, 出雲大社の参道は全国でも珍しい下り参道。参道の右手に心身の穢れを祓い清める四柱の祓戸神(はらいどのかみ)を祀る祠があるので、神前に至る前にここで身を清めます。, 祓橋(はらえのはし)を渡り三の鳥居をくぐると、日本の名松100選に選ばれている見事な松並木が続きます。参道は中央と両側の三つに分けられ、中央は神様の通り道ということで、昔は神職や皇族の方以外は通行できませんでした。現在は松の根の保護のために中央は通行できないので、端を歩きます。, 境内の入り口手前、右手には出雲大社の主祭神、大国主大神の「ムスビの御神像」、左手には「御慈愛の御神像」が見えてきます。, 神域である「荒垣」内に入る前に、ここで手と口を清めましょう。 市朗右衛門  ②タクシーをご利用の場合 ※『日本書紀』では天日隅宮(あめのひすみのみや)と表記, 現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。 御神体は稲佐の浜のある西の方角を向いて鎮座されており、本殿正面からは神様を横から参拝する形になります。, 神在月に出雲大社に集まられた神々のお宿となる社。御本殿の東西にあり、神在祭の期間は扉が開かれています。, 「お稲荷さん」として信仰されている宇迦之魂神(うかのみたまのかみ)が祀られており、食物を司る神様です。, ヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀る社。大国主大神の父神とされ、御本殿後方の一段高いところに祀られています。強いご神気を感じる場所といわれます。, 昭和56(1981)年に造営され、祭典、祈願、結婚式などが行われます。大広間は270畳式の広さがあり、神社建築には珍しく正面破風の装飾にステンドグラスが使われています。正面には日本最大級の大注連縄(長さ13.6m、重さ5.2t)があります。, 銅の鳥居を抜けて左手にある牛馬舎。神馬は地元の人から「かねおまさん」と呼ばれ、撫でれば子宝・安産に恵まれ、神牛は学力向上が期待できると言われます。, 境内北西の隅に建つ木造二階建ての建物。(登録有形文化財)1階にはだいこく様・恵比寿様の像が展示され、2階には出雲大社の信仰に関する資料が展示されています。 神社神道が成立する前はアニミズム(自然崇拝)であり、自然に存在するものに神の存在を見出し、信仰してきたのです。, 神社神道が成立し、信仰の対象が神社になってからはお社の中に納まるサイズの依り代に代わっていきました。, 例えば伊勢神宮は八咫鏡(やたのかがみ)が御神体であり、熱田神宮は草薙剣(くさなぎのつるぎ)が御神体ですね。, 出雲大社の創建年代は不詳であり、どの時代を切り取るかで、何を信仰していたのかというもの自体が変わってしまいます。, 出雲大社はその背後に八雲山、西に鶴山、東に亀山と三方を山に囲まれた要害の地に鎮座しています。, 古代では南側に川が流れていたとされていますので、四方を守られていた神聖な場所であったことが分かっています。出雲大社境内の発掘調査でも、古墳時代の祭祀跡が発見されているそうです。, 八雲山は現在でも禁足地となっており、その麓には素鵞社(そがのやしろ)が鎮座しています。, 出雲大社の場合は八雲山が祭祀の場所だったとはいえ、神社の境内にはちゃんと本殿が作られています。これは国譲り神話において、大国主命が要求した宮殿だからと見るべきでしょうか。, せっかく大国主命の為に造られた宮殿なのに、その中にいらっしゃらないと神話とつじつまがあいませんね。, なのだそうです。しかし、かつて色んな方々がご神体を伺い知ろうと頑張った記録が残っています。, 左経記とは平安時代に書かれた源経頼の日記です。この一説にある七宝とは一般的な解釈をすれば、金・銀・瑠璃・玻璃・硨磲・珊瑚・瑪瑙のことです。, なかったようです。つまり、出雲大社の御神体が気になりすぎて、だいぶ脚色が入っているようですが、御神体が箱という説は否定することができないようです。, 実は出雲大社の御神体は宮司さんですら見たことが無いようなのです。第82代宮司さんが書籍の中で仰っている事には。。, と仰っています。御衾とは平安時代の掛布団のような織物のこと。どんなものに御衾がかけられているのか・・・?左経記を参考にすると、箱の上に錦が掛けられているという感じでしょうか?, 何かしらの物を覆い隠されているということで、それはもしかしたら箱のようなものなのかもしれませんね。, 雲陽秘事記とは江戸時代に書かれた書物で、松江城主の松平直政から第6代宗衍(むねのぶ)までの130年を描いています。, この書物で見る所によると、出雲大社の御神体に興味を持った直政公が宮司の静止を振り切って本殿に入ったところ、化け物に遭遇したとする説です。, 日本書紀によると第10代 崇神天皇の時代、出雲大社にお祀りされている神宝が見たいと仰って、出雲へ使者を派遣なさいます。, 当時の出雲大社の祭祀を行っていたのは、出雲大社宮司さんの祖先、出雲振根(いずものふるね)と弟の飯入根(いいいりね)。弟の飯入根が天皇の使者に対して、独断で出雲の宝物を献上した事がきっかけで、この弟は兄に殺され、兄は死刑になってしまいます。, 丹波の国に住んでいる幼子が奇妙な歌を歌っているというのです。その内容はとても子供の言葉とは思えない、神がかったものでした。, この時に子供が歌っていた内容には、「出雲の人が祀っていた鏡~」という言葉が含まれており、この噂を聞きつけた天皇は鏡をお祀りするようになったのだされています。, つまり、出雲大社では太陽信仰があったことが伺えますね。崇神天皇と言えば、宮中で祀られていた天照大御神を恐れ多いことだとして、宮殿から出して特別にお祀りをしたとされています。, 第11代 垂仁天皇の時代にはその特別さがさらに進展し、伊勢神宮を建立するに至っています。, 昔から色々な人が「見てみたい!」と熱望しているにも関わらず、その夢はかないません。, 唯一真実に迫った可能性があるのは、崇神天皇かもしれません。一度は出雲の神宝を手に入れたものの、特別なお祀りが必要であることが分かり、後宮中から出すことになっていきます。そして伊勢神宮へとつながっていった・・・?.

.

加水分解 シリコン スプレー 27, 糖尿病 30代 女性 ブログ 11, 和牛 バラエティ 出ない 4, ゆるゆり 声優 消える 25, Http Tmqa Jp R921 4, 艦これ 文字 見切れる 9, Body Buddy 発音 5, 50t ラフタークレーン 値段 6, 導きの地 放置 連射 4, こたつ 脚 ネジ 修理 4, ジューケン 鳥取 Cm 女の子 53, 富 勢 中学校 野球部 6, シーマスター ダイバー 300m 007 エディション 価格 5, Cd 回転音 うるさい 5, 乗務員 台帳 タクシー 8, ハスラー 樹脂バンパー 傷 5, Dynabook Satellite R35 Bios 18, Pdf 墨消し 解除 5, ポケモンソード セーブデータ 保存場所 8, Hdmi 分配器 Hdcp 5, Dtv エラーコード Mp1 2147483648 7, Switch Usbハブ 充電 4,