ディーラーでやってれば何とかなるんですよ。, 本当のところは、乗り方によって違うというのが本当のところかな。 ・できればドレンコックガスケット また、高速で上り坂の時調子よければスピードも10キロ落ちて90キロくらいで走行できるのですが、 ちなみに車両は、平成10年式 ミニカです。 もしかしたら修理が必要なのでしょうか? 永久保証ではありませんので。 【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】 オイルパンのパッキンはかなり固く張り付いているはずですので、オイルパンをはがすのが大変...続きを読む, ここ半年ほど毎日30分ほど高速を通勤で走っていました。 これはパワステフルードに限ったことではありませんね。 もし、不安がある様ならオートバックスなどでも補充は可能だと思いますので相談してみてはいかがでしょう。 適正値内であれば問題ありません。 オートマチックトランスミッション(at)に仕様されるオートマフルード(atf)。at内部の潤滑、動力伝達などに使われる作動油だが、このオイルを新品に交換すると、交換後にat自体が壊れるから交換しないほうがいいという噂がある。これは本当なのだろうか? ATのフィルター交換ですか、記憶の限りですが交換だけですと必要な部品は、 この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。 悪いときは30キロくらい落ちて70キロ切ります。 どうしようか迷っています。 ・・・ほんの一例ですが、こういうコトもあるにはあります。 ・フィルター本体 車の寿命や、性能にどの程度影響があるものなのか、 あるスタンドでは「今は循環させて交換するので大丈夫ですよ」 交換しないなら全くしない、するなら定期的にする事 お盆で暇だったので、嫁の車のエンジンオイルでも替えようかと思い立ち、車の下を覗き込んで見えたドレンボルトを抜いてしまいました。 純正以外を使用した場合は、クレーム修理がききませんから。 そのため、このATには決して「ATフルード D2」なんてのは使えません。フツーのCVTオイルでももちろん不可です。 ・フィルター本体 これはパワステフルードに限ったことではありませんね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3#ATF.E3.81.BE.E3.81.9F.E3.81.AFAT.E3.83.95.E3.83.AB.E3.83.BC.E3.83.89 ですが、別の担当者に直接聞いたところ、「交換可能です」との返答でした。 0W-20と10W-30が指定されていますが、10W-40、10W-50、15W-50などのオイルを使った場合、何か問題が起こるのでしょうか。以上、宜しくお願いします。, ※右側の数字(0W-20だったら20番)の指定が20と30のところに50番を入れると、体感上エンジンが『モッサリした』印象を受けるでしょう。(数字が大きくなるほどオイルの粘度=ネバリが大きくなります。) 来週は引っ越しで長距離を走るため心配で質問させて頂きました。 >ずっと交換していない場合は逆にしないほうが良いのですよね。 カーショップの人からは「2万キロで大丈夫ッスよ」と言われたし・・・本当のとこどうなんですか?, 本当のところは、乗り方によって違うというのが本当のところかな。 エンジンオイルだって1万キロや1万5千キロでしょ。書いてあるのは。  『サーキットでブン回すから純正オイルでは焼付く』というのは気のせいです。 書いてなければ無交換でかまわない。 現場に居た当時は、メーカー設定の特殊工具(幅が広いくさび状のものを叩き込んではがしていきます)を使用しておりましたが・・・お気をつけください。 期間内なら交換しちゃったらどうですか? 人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む, 三菱アイG(ターボ)のエンジンオイルにつきまして、 2020年1月24日 近頃、トルコン太郎でのatf圧送交換の問い合わせが増えています。 それに合わせ、とうとうbmwやフォルクスワーゲンなどの輸入車のatfやcvt、dsgフルードの交換も可能になりました。 【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】 その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。 綺麗に総量を入れ替えするにはATFチェンジャーで抜き替えるしかありません。(加圧しながら抜き替えるかエンジンを掛けながら抜き替えるかのふた通りがあったと思います) オートマミッションを修理することは難しいので、交換することになりますが、安くても20万は超えます。 しかし、ユーザーは必ずしも純正オイルを使うとは限らない・・・ってコトくらいは想定してます。 三菱車は、ドレンボルトがすぐ近くにあるので間違えやすいですよね。 その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。 三菱の車には乗らない方が身のため, 三菱よekワゴンに乗られている方、または過去に乗られていた方、この車はお勧めできますか?中古で程度の. 過去の質問で、点検口からの補充については分かったのですが、 ただし、チョイノリが多かったり、急発進などを繰り返したり、渋滞が多いところだったりすると、シビアコンディション 製品にとっては厳しい環境 なので、早めの交換で故障を未然に防ぐことが出来ます。  まずいことに固いオイルは、せん断抵抗が大きいので発熱量が大きくなり、またカムカバー裏やオイルパンの壁などに付いたオイルが落ちにくくなるので全体的に放熱量が小さくなる(保温効果が高くなる)という特性があります。 3年目で現在は12万キロなのですが、このくらいでも変えない方が良いでしょうか? ・できればドレンコックガスケット あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。 ガソリンスタンドでは 絶対に触らせず ディーラーでトータル点検を受けて下さい。 長々と書きましたが、要点だけとなってしまいますので、こまごまとした点は、せっかくディーラーへ行ったのですから、事前にもう一度手順などをメカニックによく聞いてみて確認・メモしてみてはいかがでしょうか、ディーラーのフロントやメカニックと仲良くしておいて損はないはずです。(出来れば整備解説書のこのへんの手順のところのコピーをもらいましょう。いちどお願いしてみてください。仲良くなれば出してくれるかもしれません。整備解説書はマル秘ではなく誰でも買える代物です) と、言うことでもし朝などの寒い(室内の温度が10度以下など)時現象が出るのでしたらほぼATコンピューターで決まりだと思う、中古の場合ターボモデルとNAでコンピューターの変速タイミングなど違うのでオークション当たりだと注意してください(ラベルの色で解ります)又取り付けている場所は助手席の左の発煙筒を取り付けている場所の中にありますから物が有れば簡単に交換できます。, 8番の方の解答のATコンピューターのトラブルは私も経験中で有る程度室内温度が上がってくれば正常動作になります、しかし、真冬などは30分くらいしないと室内温度も正常に作動するまで上がらないことが多く新品交換を考えたがあまりに高価(8万前後すると聞いています)元々車が安いぼろなので今中古の物を(壊れていても良いので)探していますがそれさえも見つからない。 ただ、今お乗りのクルマのパワステオイルが減る原因は突き止めておいたほうがイイでしょうね。, 現役 自動車修理工です。 ですが、デリカに関係無くATフルードの交換は慎重にするべきものだと思います。長距離(数万kmの上の方)乗って今まで一度も交換されたことがないなら、全量交換は止めておくべきでしたでしょうか。このような条件ではトラブルが多いので、交換を受けない業者も多いのが実情です。これで不具合が出た時はオーバーホールと相成るわけですが、大抵の場合は中古のATと載せ替えることが多いでしょうか。なお、交換するフルードも純正というのが前提です。 エンジンをかけたことにより駆動部にエアが回ってると考えたほうがいいでしょうか? 三鷹市 atf交換 トルコン太郎 三菱デリカd5. アクセルペダルは同じように踏んでいます。 保証期間内で壊れた部品はメーカーで点検します。 この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。 またAT(特にバルブボディー部)は細かなゴミにも敏感ですので気を付けましょう。(軍手の繊維1本でも不調を起こす恐れがありますよ) 三菱 パジェロの足廻り-駆動系-ミッションオイル交換の整備に関する情報なら「みんカラ」。三菱 パジェロに装着できるパーツの取り付け方法やメンテナンス情報が満載。整備手帳投稿数360万件突破!三菱 パジェロの整備に関することは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。 ATFは、入れすぎは良くないので量をチェックしながら、少量ずつ行なってください。 最後はヤフーなどのオークションしか手はないかも知れませんが今年の秋くらいまでには自分で修理するつもり(中古を探しているのは失敗すると考えてのことです)私の場合温度が低いと3速固定で非常に発進など苦労しますがセレクターを1速の部分に合わせたら2速固定に成ります(これだと燃費は悪いが普通に発進できる)もちろん多少の登り以外では使用しませんが・・・ よろしくお願いいたします。, はじめまして スタンドでもトラブルを防ぐために客の車の走行距離を見ます。 これも、ずっと交換していない場合は逆にしないほうが良いのですよね。 ワイン色をしていたのならATFですね。 大丈夫ですよ。, タイトルのとおりです。 ATFを入れる方法・オイルパン取り付けボルトの締め付け手順(順番があります)・締め付けトルクなどなど・・また、ATFを入れるのはオイルゲージの小さな穴からになりますし、オイル量の点検方法もミッションの暖気後(基本的にはある程度走行が必要でしょう)、アイドリング状態のままシフトを一順してからNレンジで、などなど結構な手順や要領がありますよ。 ※右側の数字が大きくなると燃費は悪化しますが、どの程度悪化するか?はエンジンによります。 ・フィルターガスケット(バルブボディーとの間の小さな紙ガスケット) 寿命と考え乗り換えるかでしょう (2)オイルの劣化は温度で起こります。正確には、基材となるオイル自体はそれほど劣化せず、最初に混入されている添加剤が劣化するということです(殆どの添加剤はほぼ140℃で分解し、機能を失います。一度高温にさらされた添加剤は、その後冷やしても機能は戻りません)。 オイルに求められる性能が特殊でシビアなため、まずオイルから開発しなくてはならなかったからです。 その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。 サービスデーターではSPIIMを使用してくださいと書かれています, No3です。「補足」拝見いたしました。 現在の走行距離は56000km、45000kmの時にATFは半分交換しています。 取扱説明書に書いてあれば、その距離で。 http://ja.wikipedia...続きを読む, 平成13年式のミニキャブに乗っています。 (1)自動車メーカは、エンジンの最高回転数で潤滑不良を起こさないことを確認してオイルを設定しています。 ですが、デリカに関係無くATフルードの交換は慎重にするべきものだと思います。長距離(数万kmの上の方)乗って今まで一度も交換されたことがないなら、全量交換は止めておくべきでしたでしょうか。このような条件ではトラブルが多いので、交換を受けない業者も多いのが実情です。これで不具合が出た時はオーバーホールと相成るわけですが、大抵の場合は中古のATと載せ替えることが多いでしょうか。なお、交換するフルードも純正というのが前提です。  40番だと感覚の鋭い方なら判るかな?ぐらいです。 「びっくりした」と言うそうです。 ATF交換できそうならしてしまいたいでアドバイス頂けたら助かります。, ATF以外の不具合も気になります。 メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。 走行距離7万kmで購入し、10万km走ったところで、ATFをディーラーで交換しました。 1度ゲージを拭き取った後に戻し、再度ゲージを抜き取ってチェックをしてください。 ※ところで・・・何故15W-50などという、指定グレードから見ると『トンでもなく固い』オイルを入れることを検討されているのでしょうか?もしサーキット走行などを考慮されているなら、オイルを固くするだけでは意味がありませんが。 (1) 現状のままATFを補充することで、回ったエアは押し出されるのでしょうか? 理由がわかりません。 このあいだも、高速で90キロ以上速度が出ない現象が起きて、踏み込んだら ここで調べたらATFの交換というのがひとつにあったのですが、 AT内部は、何室かに分かれていますので全ては抜けていないと思います。 三菱の純正atfのダイヤクイーンatf spiimとspiiiは何が違うのでしょうか?ミニカh42vのatfを交換するのですがspiimが見つからずspiiiで間に合わせてしまおうと思いますが問題あるのでしょうか?サービスデーターではspiimを使用してくだ ホームセンターで「パワステフルード」として販売されてるならば、それを使ったところで大きな不具合は起きないでしょう。 よく考えましょう。 ※潤滑自体には問題は起こりません。っと言いますか、潤滑機能はそれほど変わりません。これがサーキット走行でも、50番を入れているから大丈夫ということにはなりません。 万が一ATF交換で 詰まりなど生じたら O/Hの時期と諦めるか (1) 現状のまま、ATFを補充していいでしょうか? 【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】 10万kmの中古購入時 ATFは何時交換したのか? なので と言われています。 はがしたあとのミッション側とオイルパン側のガスケットの清掃・オイルパンのガスケット取り付け面の平滑度の点検(ゆがんでいるとオイル漏れの原因になります)も必要です。 うちの車、ATF交換したことがありません。 ATFを交換した業者に(電話で)相談すると、トランスミッションがいかれてしまってるので交換するしかないといわれました。ATトランスミッションって、10万キロぐらいでダメになるもんなんでしょうか。他に電気系統のトラブルとかは考えられないでしょうか。 問題あるのでしょうか? ある日、整備士の知り合いに聞いたら「10万キロで大丈夫だよ」って言ってました。 ところが、ちょっと古い話しですが、日産の「エクストロイド CVT」などは本当に特殊なミッションで、これを開発するのに、石油大手の「出光」と共同で行なったのです。 車はH8年のパジェロミニ ターボで、買ったときは10万4千キロでした。 ほかのオイルのようにほとんど全部を交換することが出来ない所で、6-7割ぐらいしか交換できません。 ATFを入れては不具合を生じるようになってきました。 2004年度の状況では、ATFを兼用可能なメーカーは 三菱、スズキ、スバル、マツダ、イスズ、となっています。 まあ ディーラーへ点検出しして確認のうえ交換作業なので 任せておけば 判断してくれる 大丈夫ではと考えます。 ATFは殆どドレンから抜けるだけしか入れ替えは出来ないでしょう(1~1.5L(2缶)程度)。総量は4L程度だったと思いますが、あとの大半がトルクコンバーターの中ですので抜けません。またラジエーターの下にもATF用オイルクーラーが付いておりその中にもオイルが入っていますがこれも面倒です。 でも、こと パワステオイルならば、そこまでシビアなことではないと思います。 ATFの交換は 専用の機械で はじめ オイルパンの量を抜き だからといって、他社の数限り無いオイルを使って、「このオイルなら同等の性能を引き出せる」、「これはダメ」・・・なんてテストできるワケもありません。 大変困ってます。私はパジェロに乗っています。先日、ATFを交換にディラーに行きました。当然純正を御願いしますと話しました。終わり何という銘柄のオイルですか?と尋ねたところ「三菱ATF SPii」を入れましたとのことでした。 回転数があがっています。どうしてでしょうか? ただし、チョイノリが多かったり、急発進などを繰り返したり、渋滞が多いところだったりすると、シビアコンディション 製品にとっては厳しい環境 なので、早めの交換で故障を未然に防ぐことが出来ます。 走行多い車には勧めません。 オイルが出なくなるまで抜きました。 私も旦那さんもまったくわからないため、どなたか詳しい方教えてください。 メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。 でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。 この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。, ≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫ 以上ではなかったでしょうか。 ・・・メーカーが指定してない油脂を使うことは、場合によってはホントにイケナイこともあります。 次回交換は13万kmとのことでしたが、現在14万kmを超えてしまい、 私の場合は、2万キロごと交換しています。コレは自分で決めたサイクルです。  一般的な傾向で考えますと・・・20番のオイルが使える様に設計されているエンジンに50番を入れると、目に見えて燃費に影響が出ると考えられます。(それは走行パターンによる誤差範囲、どころではありません。) ですので、自社が開発した製品は、自社のオイルを使ってもらってこそ、想定してる性能を引き出す自信が持てるというものです。  故に、サーキット走行=硬いオイルを入れればオッケーと言うのは短絡的且つ楽観的過ぎる考え方で、オイルの粘度よりも先にオイルの温度を管理しなければなりません。だからレーシングカーでは例外無く巨大なオイルクーラーが装着されています。適正な温度でオイルが使えれば適正な潤滑機能が維持出来るワケで、ヤミクモに固いオイルを入れる必要はありません。 ・フィルターガスケット(バルブボディーとの間の小さな紙ガスケット) 最後はヤフーなどのオークションしか手はないかも知れませんが今年の秋くらいまでには自分で修理するつもり(中古を探しているのは...続きを読む, 三菱デリカATトランスミッションの不具合について ・オイルパンのガスケット(私の居た時代は少し厚めの紙ガスケット、今はもしかしたらチューブ入りシール剤(液状ガスケット)かもしれませんが) ただし、その交換サイクルは、メーカーが保証している期間または距離の間は壊れ...続きを読む, 平成12年のパジェロミニに乗っています。 オイル量のチェックは なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか… エンジンオイルだって1万キロや1万5千キロでしょ。書いてあるのは。 もうそろそろ保証期間も切れると思います。 期間内なら壊れても保証で修理してもらえます。 走行距離10万キロに達したところ、おもに朝ですが、Dに入りにくいことがありました。 é›¢16万㎞トルコン太郎でATFクリーニング圧送交換. ・オイルパンのガスケット(私の居た時代は少し厚めの紙ガスケット、今はもしかしたらチューブ入りシール剤(液状ガスケット)かもしれませんが) (浮き出た汚れが詰まって不具合がでるなど。) 車のことは全くの素人です。詳しい方のアドバイスをお願いいたします。, スペギ2台に乗り継いでいる者です。 調子がいいときは60キロ走行で4速になるのですが、悪いときはいつまでも3速のような感じで マニュアルトランスミッション(以下、MT)には、ミッションオイルが使われているのはご存じのとおり。一方、今や搭載比率90パーセント以上というオートマチックトランスミッション(以下、AT)にはなにが使われているかというと、ATFだ。, よく「オートマオイル」と呼ぶ人もいるが、じつは違う。ATFのFは「フルード」のことで、オイルの一種ではあるが、用語的には大きな違いがある。潤滑を主な目的とするのがオイルなのに対して、フルードは作動油的な意味合いが強い。もちろんAT内部を潤滑もしているが、変速や動力伝達などが重要な役割となっている。, それだけシビアな環境で使われているATFだが、純正の交換指定はメーカーによって異なる。部品や組み付け精度、素材の向上などで以前より内部が汚れにくくなっているので、最新のATでは、無交換だったり、シビアコンディションで10万kmごとなど、いずれにしても頻繁に交換しなくてもいいのは確かだ。, そこで、出てくるのがATFを頻繁に交換すると、壊れるという噂。確かに、デキシロンやマーコンといった従来からの規格に加えて、最近では専用の特殊なATFを指定するクルマもあるにはある。こういったものに対しては専用品を使うのは当然で、指定外を使うと壊れたり、不調になることはある。, 一方、一般的な規格が指定されていれば、オイルメーカーのものも含めて幅広い選択肢があるし、規格が合っていれば壊れることはないというのが実際のところだ。, ただしATの機能として、ATFに大きなストレスがかかることには変わりない。だから、ATFが無駄になるとか省資源の問題は別とすれば、ATFをマメに交換するのは機能的には問題はないし、替えるに越したことはない。とはいえ、最近では交換できないようになっているクルマも多いが。, ただ、ATFを交換すると壊れる状況があるにはある。それが10年ぐらい前までのATで、10万km毎の交換指定。シビアコンディションで5万km毎といった時代のATの場合だ。さらにメーカー指定を超えても無交換で、変速ショックが大きいなどいったATで、突然新しいATFに交換すると壊れることがある。, 「ミッションがびっくりする」という言い方をする人もいるので噂のように思ってしまうが、決して噂ではない。理由は、内部に溜まったスラッジなどが、洗浄力の高い新しいATFによって、一気に溶解されて油圧発生のための細かい回路やバルブに詰まることがあるから。もちろんすべてがこうなるわけではないが、実際に詰まったATを分解したものを何度も見たことがある。, だから、ショックがひどいとか、音が出ている場合は、だましだまし乗って交換しないほうがいい場合も多い。どうしても、交換したいという場合は、一気に交換しないで、1/2か1/3ずつ、新油と入れ替えていく。しばらく走ったらまた交換して、ゆっくりと馴染ませていくほうがいい。これで悪さをするスラッジ対策にもなる。併せて、フィルターも交換できるしておくと、スラッジの排出という点ではさらに効果的だ。, 突然炎上しても「仕方ない」は本当? 旧車はメンテをしていても「壊れて当たり前」なのか. 自分でも調べたところ、「ATF交換は全くしなくても良い」という意見もあり、 なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか… あと、高速の下り坂も時々スピードが80キロ以下に下がるときがあります。 と言ってました。 期間切れなら壊れるまで無交換か、自己責任で交換することとなります。 人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。 交換した事が無い車を「たまには」なんて交換すると、  サーキットを走る場合などは右の数字が大きい方がいい(=固いオイルの方がよい)という意見がアチコチで見られますが・・・ その後しばらくは調子良かったのですが、1000キロぐらい走った現在、Dに入れてもNに戻ってしまうようになりました(ATF交換前の症状では、全くDに入らず、発進できなかったのですが、今は発進し、一応走行するのですが、加速せず、Nが点滅する状態です。)これもおもに朝の症状で、しばらくするとちゃんと走れるようになるのです。 なおエアーは適正量を補充しエンジンをかけギアを一通り入換える作業を行なう事で抜けていきます。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 十分に事前レクチャーを受け・準備してから作業されるようお願いいたします。, No3です。「補足」拝見いたしました。 いきなり有償修理って言われたら大変でしょ。 (2) (1)が出来ない場合、ディーラの循環装置で抜くことは出来るでしょうか? おわかりの方がいらっしゃいましたら、教えてください。, 昔からATFはミッションに「馴染む」と言われていて、 書いてなければ無交換でかまわない。 今回交換したほうが良いでしょう エンジンオイルは5000キロごとに交換していたのですが、ATFは交換したことがなく、交換をすすめられました。 そのときにばれちゃいます。  固いオイルが必要となるのは、エンジンをチューンしてノーマルより高回転まで回ったりトルクが大きくなっている場合です。, ※右側の数字(0W-20だったら20番)の指定が20と30のところに50番を入れると、体感上エンジンが『モッサリした』印象を受けるでしょう。(数字が大きくなるほどオイルの粘度=ネバリが大きくなります。) この状態で、エンジンをアイドリング数分+DとRレンジに3回位入れました。 エンジンをかけギヤを数回N→D→Nに動かして、エンジンをかけたままの状態でATFのゲージを抜き取って下さい。 例えば、特殊な構造のオートマチックトランスミッションなど。 大変困ってます。私はパジェロに乗っています。先日、ATFを交換にディラーに行きました。当然純正を御願いしますと話しました。終わり何という銘柄のオイルですか?と尋ねたところ「三菱ATF SPII」を入れましたとのことでした。それから約一万キロを走り昨日パジエロの取り扱い書を見てたところ「三菱ATF II」というATFオイルを使ってくださいと記載がありその下にはかっこがきで「三菱ATF SPII」はとかわないでくださいと書いてありました。ディラーに確認したところ大丈夫です。とのことでありましたが非常に気になります。問題ないのでしょうか?また、今後どうしたらいいでしょうか?皆様アドバイス下さい。よろしくお願いします。, 「atfとは」に関するQ&A: 『過走行車のATF交換は拙い』は都市伝説だと思います, 「情報 リコール」に関するQ&A: 電気ストーブのリコール情報を探しております。, 遅くなりました。いろいろありがとう御座います。すごく残念なもので。何せオートマアッセン交換して初めてのオイルですよ。特殊交換の方法なんかもおしえてくれますか?お客様相談センターの担当の方の名前か何かわかりませんか?ほんとに衝撃的な出来事です。詳しく教えてください。, ありがとう御座います。いいんですか?いいはずという理由をお聞かせいただけたらうれしいです。, ありがとう御座います。パジエロの場合、ATFオイルの欄にもだめという記載があります。昨日、お客様センターに問い合わせしたところ困惑した感じでした。言い方としてはディラーが言ったのでしたらなにかあれば保障するだろうと。本社的には、三菱ATF IIを入れてくれとのことでした。, 「交換 atf」に関するQ&A: ATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, オートバックスでATF交換をしたら、17000円ぐらいかかりました。 前はそんなにかかった覚えはない, 先日、オートバックスでオートマオイル(ATF)の交換を勧められましたが、これは交換しなくちゃいけない, 三菱の純正ATFのダイヤクイーンATF SPIIMとSPIIIは何が違うのでしょうか?

.

ミニベロ サドル クッション, 日清 から揚げ粉 グランプリ 作り方, Ipad Zipファイル 解凍できない, 三井ホーム 外壁 サイディング, Iphone Ipad アプリ 同期させない, 屋 夫 雄 K ジュ, 栗原はるみ 息子 なぎささん, 父の日 焼酎 楽天, ジープ 自転車 22インチ, ハンバーグ 玉ねぎ 変色, Aviutl クリッピング 中心の位置を変更, インソール 保険適用 埼玉, 履歴書 パスワード 何桁, 動画 レトロ 加工アプリ, 好きな人と電話 話題 高校生, 10 分で できる 自学, ビオレ 泡ハンドソープ にキレイキレイ, 冷凍庫 引き出し 氷, アイボリー Tシャツ コーデ メンズ, 曳舟 ヨーカドー 駐輪場, 心不全 低ナトリウム 機序, アルファード 7人乗り 車中泊, パワーポイント 文字 回り込み, Amatsukaze Cmカット 精度, フォトショップ イラスト ぼかし, メディバン 漫画 無料, 難波 ホテル おしゃれ, イニスフリー ヴォルカニック トナー, ファンケル マイクレ 成分, エアコン 6畳 おすすめ 自動清掃, 赤ちゃん 麦茶 嫌がる, のぞみ コンセント どこ, セディナカード 解約 つながらない,