Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技, 解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。, (実際は、垂直方向の[基準]が「ページ」や「余白」になっていれば、このチェックのON/OFFに関わらず、連動して動かないように設定されるようなのですが、「目印は動いては困る」を意識するため、自分でチェックを外しています。), (今回の設定のパターンでは、このチェックは最初から外れているのですが、「目印は動いては困る」を意識するため、確認しています。), Be Cool Usersマガジン--Word,Excel,PowerPointの技. 注: [図形の書式設定]、[描画ツール]、[図ツール] の各タブが表示されない場合は、テキストボックス、図形、またはワードアートを選んでいることをご確認ください。[書式] タブを開くには、オブジェクトをダブルクリックすることが必要になる場合があります。 【Word 2010・2007】 これについては、別の機会に詳しくご紹介しますが、こういった目印は、段落や文字に連動して動いてしまうようでは困るので、[文字列と一緒に移動する]のチェックを外し、[OK]ボタンをクリックします。 【Word 2010・2007】[回転]ボタンから[左へ90度回転]をクリックします。, 配置の指定は[垂直方向]しかしていなかったので、最後に[水平方向]も整えます。 というわけで、 この時、設定したにも関わらずうまく動かない!という方は、次の章で解説しますので、このまま読み進めてください。, もちろん縦方向(垂直方向)のミリ指定もできます。 【Word 2010・2007】[回転]ボタンから[左へ90度回転]をクリックします。, さぁ、ここから三角形の位置を整えていきます。 なので、前後の文章の増減などによって、その段落や文字の位置が動くと、それに関連付けられている図形も連動して動くという性質があります。 /* 728x90, image big banner */ google_ad_width = 728; そんな時は、図の横幅を、右余白の大きさより大きくなるようにサイズ変更すると、うまく動いてくれるようです。 注: [図形の書式設定]、[描画ツール]、[図ツール] の各タブが表示されない場合は、テキストボックス、図形、またはワードアートを選んでいることをご確認ください。 [書式] タブを開くには、オブジェクトをダブルクリックすることが必要になる場合があります。, オブジェクトを 15 度ずつ回転させるには、Shift キーを押しながら回転ハンドルをドラッグします。, 複数の図形を回転する場合、グループとして回転するのではなく、各図形が図形自体を中心に回転します。, [図形の書式設定]、[描画ツール]、または [図ツール] >書式設定に移動します。, 表示されたウィンドウまたはダイアログボックスで、[回転角度] ボックスに、オブジェクトを回転させる量を入力します。 方向キーを使用してオブジェクトを目的の位置に正確に回転させることもできます。, [反転] ツールを使用して、ミラー イメージの効果を作成したり、オブジェクトを上下に反転したりすることができます。, [図形の書式設定]、[描画ツール] または [図ツール>書式設定] に移動し、[回転] を選択し、次の操作を行います。, オブジェクトのミラーイメージ (ワードアートを除く) を作成するには、[左右反転] を選択します。, 注: オブジェクトを 15 度ずつ回転させるには、Shift キーを押しながら回転ハンドルをドラッグします。, [描画ツール] (図を回転させる場合は [図ツール]) の [書式] タブにある [配置] グループで、[回転]、[その他の回転オプション] の順に選択します。, [図ツール]、[描画ツール]、または [書式] タブが表示されない場合は、図を選択しているかどうかを確認します。 [書式] タブを開くには、図をダブルクリックすることが必要になる場合があります。, 開いたウィンドウまたはダイアログ ボックスの [回転] ボックスに、オブジェクトを回転させる角度を入力します。 方向キーを使ってオブジェクトを目的の位置に正確に回転させることもできます。, [描画ツール] (図を回転させる場合は [図ツール]) の [書式] タブにある [配置] グループで、[回転] を選択し、次のいずれかの操作を行います。, [描画ツール] または [図ツール] の [書式] タブが表示されない場合は、テキスト ボックス、図形、ワードアート、または図を選んでいるかどうかを確認します。 [書式] タブを開くには、オブジェクトをダブルクリックすることが必要になる場合があります。. [位置]タブをクリックします。 が設定値となります。, サイズを指定した際、「4」と設定したのに、自動調整で「3.99」となったという風に、自動調整のために[図形の高さ]がキリの悪い数字になっていても、それは小さい誤差ででしかないので、当初の「4」の半分にあたる「2」という風にキリよく考えて大丈夫です。 詳しくは最後でご説明しています。 このページの最初の方でもご紹介しているとおり、「ページ」で「左揃え」の設定をした図形の幅が、左余白の大きさより小さいと、うまく左揃えにならないようです。, 【Word 2010・2007】 この時、設定する値はお好みで構いませんが、後の作業のため、[図形の高さ]と[図形の幅]は同じ値に設定します。 普通の文書のために、いちいちフチなし印刷の設定をするのは面倒なので、通常の印刷でも、目印がちゃんと印刷されるよう、ある程度ページの内側に三角形を配置します。, というわけで、今回の例では[右方向の距離]を「ページ」で「5mm」に指定していますが、お使いのプリンターによって、印刷に最低限必要なマージンは違いますから、この数値はお使いのプリンターに合わせて調整してください。 もし余白のある文書に目印を付けるなら、「ページ」で「左揃え」や、「左余白」で「左揃え」ではなく、前の章の使用例のように「ページの端から右方向に何ミリ」といった配置の方が、フチなし印刷の設定をしなくてもよくなる分、現実的だと思いますヨ。, でもくどいようですが、この章で例にしている文書は、そもそも余白の無い文書だったので、目印もページの端ギリギリに設置しました。, では実際に印刷してみると、こんな感じです! 三角形を選択し、[描画ツール]の[書式]タブ、[サイズ]グループで、[図形の高さ]と[図形の幅]をお好みの値に設定します。 (Word 2007では、もちろん[配置]タブでしたね。) 小さく描かず、デカデカと描いて大丈夫。 回転させた方も、実はちゃんとページの端から右方向に5mmの位置に配置されてはいるのですが、あくまでもミリ指定の場合、回転する前の状態を基準として、指定した位置に配置されるので、その結果、ズレているように見える、というわけなんです。, なので、回転した図形を、逆方向に回転させて元の状態にすると、ちゃんと指定した位置にあることが確認できると思います。 というわけで、今回の例では「232mm」の位置に、回転後の三角形の左向きの頂点がくるようにしたいです。, そこで、まずは回転前の三角形の、縦半分の位置を、先ほど算出した「232mm」の位置に来るように設定します。, ただし、「下方向に向かって何ミリ」という指定は、あくまでも図形の上端の位置を指定するもの。 横方向(水平方向)で、ページの中央と、図の中央の位置が合わさったわけです。 本来なら、描いた図形をドラッグでサイズ変更できるわけですが、ずいぶんと小さくしたい時はドラッグだと操作しづらいので、この方法がやり易いです。 左揃えを設定した図の横幅が、ページの左余白の大きさより小さいとうまく動かないようです。 google_ad_client = "pub-0829586448283906"; [配置]タブにある、[水平方向][垂直方向]を使って設定していきます。 [基準]を「余白」で、「左揃え」に設定し、[OK]ボタンをクリックします。, [基準]の「余白」とは、余白の終わりの部分、つまり、余白と本文領域の境目のところ。, 「余白」で「左揃え」に設定したので、余白と本文領域の左の境目に、図の左端が揃いました!, 「ページ」で「左揃え」に設定するとこうなるので、上の図と見比べると、基準が「ページ」の場合と「余白」の場合との違いが分かります。, 今度は、図の縦方向(垂直方向)での配置について見ていきましょう! 画像を挿入すると、 図が切れたり非表示になってしまうことがあります。 現象 ↓のように枠だけで、図が表示できません。 原因. [垂直方向]の[下方向の距離]を、「ページ」で「229mm」にします。 先程同様、[基準]は「ページ」、そして今度は「右揃え」を選択し、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、, 「ページ」で「右揃え」と指定したので、ページの右端に、選択した図の右端が揃いました! 最初から寸法を測って作業したので、ファイルにも綺麗に収まるし、パンチで穴を空ける時も、縦半分に折ってから穴を空ける必要がありません!, でもですね、実際のところ、フチなし印刷をした場合には、正直、設定した位置にキッカリ配置されず、多少のズレが出るかもしれません。 この時、[基準]には「余白」以外に、「上余白」や「下余白」など紛らわしいものがありますが、今回は「余白」を選択してください。, [基準]の「余白」とは、余白の終わりの部分、つまり、余白と本文領域の境目のところでした。, 「余白」で「下」と設定したので、余白と本文領域の下の境目に、図の下端が揃いました。, ここまでは、それぞれの設定の違いを見ていただくために、[水平方向]と[垂直方向]の設定を別々にしてきましたが、水平方向でも動かしたいし、垂直方向でも動かしたい、というのであれば、もちろん両方を一気に設定してOKです。, 水平方向の配置を、「余白」で「右揃え」に、垂直方向の配置を、「余白」で「上」に設定してみると、, 余白と本文領域の右の境目に、図の右端が揃い、余白と本文領域の上の境目に、図の上端が揃いました! どうしても図の大きさを変えられない場合には、このページの最後の章で回避策をご紹介しています。, 再び設定を行います。 (Word 2007では[配置]タブとなります。) 【Word 2013・2010】 【Word 2013】[オブジェクトの回転]ボタンから[左へ90度回転]をクリックします。 どうか先を急がず、もう一度最初から、このページをご覧ください(願)。, [水平方向]の[配置]の[基準]は、つい先程までは「ページ」を指定していましたが、今度は「余白」を選択してみましょう。 , @. 配置を整えたい図、または図形を選択し、レイアウトを設定するダイアログボックスの[位置]タブを表示します。 ちなみに、今回の設定では、横方向(水平方向)の設定しかしていないため、図は横方向にのみ動き、縦方向には動きません。 【Word 2010・2007】 左揃えを設定した図の横幅が、ページの左余白の大きさより小さいとうまく動かないようです。 三角形は文書の邪魔にならないよう、そして、パンチの目印と合わせやすいよう、なるべく文書の左端ギリギリの距離に配置したいのですが、一般的な家庭用プリンターでは、フチなし印刷の設定をしないと、ページの端ギリギリにあるものは印刷できません。 そして、先の章のとおり、段落や文字の移動に連動してこの目印が動かないよう、[文字列と一緒に移動する]のチェックが外れていることを確認します。 (オススメなだけなので、枠線があっても構いません。), 描いた三角形は目印なので、あまり目立たないよう、サイズを小さくしていきましょう。 しかも、前の章の使用例でもご説明した通り、回転した図形のミリ指定は、回転する前の状態が指定の基準となってしまうため、何ミリという位置の割り出しが複雑になります。, 考えれば考えるほど深みにはまりそうなので、なるべくシンプルな手順でご紹介したいと思います!, まずは文書内の適当な位置に、適当なサイズで、図形の[二等辺三角形]を描きます。 でも、切り取り線なので、線の長さは用紙の横幅いっぱいになるようにしておいた方がいいと思います。, ここから、切り取り線の配置を指定していくわけですが、申込書の部分の高さを「130mm」にしたいからといって、切り取り線の位置を「130mm」と指定してはいけません。 下図のように図形の枠線にパターンを設定することができました。 ただし、この方法で作成した図形は回転ができないようです。 回転をしたいときは図形をコピーして、図として貼り付ければ回転ができま … そして、最初の使用例でご紹介したとおり、[文字列と一緒に移動する]のチェックが外れていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。 でも、実は半分に折らなくてもいいようにできるんです!, 文書に、図形の[二等辺三角形]を、適当な位置に、適当なサイズで描きます。 この時点で、ここまで使ってきたダイアログボックスを自力で表示できない方は、これ以上先に進むのは危険、危険! 図形の色もお好みのものにしてください。 google_ad_height = 90; [配置]タブをクリックします。, 再び[水平方向]の[配置]を設定していきます。 三角形を選択して、レイアウトを設定するダイアログボックスの[位置]タブを表示します。 [配置]グループにある[文字列の折り返し]ボタンをクリック、[その他のレイアウトオプション]をクリックします。, 表示されたダイアログボックスの 前の章では、パンチ用の目印を「右方向に何ミリ」という指定をしたい時の方法をご紹介したのですが、この章では、「下方向に何ミリ」という指定をしたい時の方法をご紹介したいと思います。, 但し、前の章の使用例と決定的に違うのは、「何ミリの位置に図形の端を合わせる」のではなく、, 「何ミリの位置に図形の縦半分の位置を合わせる」ということ。 それから、例えばサイズを「4」と設定したのに、設定後に「3.99」となるといったことが起きても、それはWordさんが自動で調整していることなので特に気にする必要はありません。 どうも、[右方向の距離]や[下方向の距離]の設定を連続して行った時に起きる現象のようです。, ピクリとも動かない場合、その図を選択してもう一度ダイアログボックスを表示させると、自分が設定したものと、設定値が違っていたりします。 どうしても図の大きさを変えられない場合には、このページの最後の章で回避策をご紹介しています。, 【Word 2013・2010】 選択したものが図形だった場合には、[その他のレイアウトオプション]が表示されるので、これをクリックすると、手っ取り早く[レイアウト]ダイアログボックスを表示させることができます。, 【Word 2013・2010】 「232mm」−「3mm」=「229mm」 (今回の設定のパターンでは、このチェックは最初から外れているのですが、「目印は動いては困る」を意識するため、確認しています。), 切り取り線を、ページの端から下方向に167mmの位置に設置することができました! 三角形の縦半分の位置を「232mm」にするためには、それよりも上の位置に三角形の上端がこなければなりません。, 三角形の縦半分の位置を合わせるわけですから、高さ「6mm」の半分にあたる「3mm」だけ上の位置に、三角形の上端が来ればいいことになります。 そして、この三角形は、パンチで穴をあける時に、用紙を縦半分に折ってつける目印の代わりとなるものですから、ページ内での位置を縦方向で中央にくるように設定していきましょう。 ドラッグでもサイズ変更はできますが、ずいぶんと小さくしたい時はドラッグだとかえって操作しづらいので、この方法がやり易いです。 Word 2013・2010では、[レイアウト]ダイアログボックスを表示させる方法として、こんな便利な方法もあります。, 配置を整えたい図、または図形を選択し、マウスポインタの形が左の図のような黒い十字の状態で右クリックします。, 【Word 2013・2010】 この章で例にしている文書は、そもそも余白自体が無いので、図形の幅が左余白の大きさより小さいということは無いですからうまく動きますが、余白のある文書でも、このような小さな目印をページの端ギリギリに設置したいこともあるかもしれません。 [垂直方向]の[配置]を選択し、[ページ]で「中央」を選択します。, 更に、図形は、文書内にあるいずれかの段落や文字に関連付けられているという性質があります。 但し、こういったきっちりとした配置にしたい時は、前準備として、その図形や図の文字列の折り返しを「行内」以外に設定しておく必要があります。 位置も後からちゃんと整えますので、テキトーで。 これはもう「Wordさんの気まぐれ」とでも思っていただいて、面倒ではあるのですが、このままもう一度自分がしたいように設定し直して[OK]ボタンをクリックすると、うまく配置されるようです。, さて、ここまでで、図や図形の位置をきっちり指定する方法についてご説明してきましたが、「これってどんな時に使うの?」「実際に使うことってあるの?」と思った方も多いのではないでしょうか? このように、Word 2007では、他のバージョンとタブの名前が違います。, 【Word 2013・2010】 ただ、図形の枠線があると、その分だけズレているように見えてしまうので、[図形の枠線]は[線なし]がオススメです。 右揃えを設定した図の横幅が、ページの右余白の大きさより小さいとうまく動かないようです。 1ミリにも満たない自動的な調整なので、そんなもんだとスルーしてください。, 三角形を小さくすることができました! この申込書の部分に、パンチで穴を空けるとき用の目印も付けておくことにしましょう。 フチなし印刷は、プリンターが自動的に文書を一旦拡大して印刷するので、拡大した時点で位置が多少ズレると思われます。 図形の色もお好みのものにしてください。 【Word 2013・2010】 (Word 2007ではもちろん[配置]タブです。), 選択した図が、一気に下に動きました! 画像がワードでどのように配置されているかを見るのは画像の上で右クリックし「図の書式設定」を選択します。 タブでレイアウトをクリックすると「折り返しの種類と配置」で「行内」が選択されていま … 「左余白」で「左揃え」というのは、結局「ページ」で「左揃え」にするのと同じ結果になるので、目的を達成できるというわけです。 今回の申込書の高さは「130mm」ですから、その半分の「65mm」が申込書の半分の高さとなります。 [位置]タブをクリックします。 縦方向での配置は設定していないので、図は縦方向には動いていません。, 引き続き様々な設定を見ていきましょう。 図形の配置をミリ指定する場合、指定する数字は、用紙の上端から下方向に向かって何mmという指定になるので、実際の指定は、用紙の高さから、定規で測った申込書部分の高さを引いた数字となります。 左の図は、まったく同じ三角形なのですが、下にある方は、描いた後に90度回転させています。 (実際は、垂直方向の[基準]が「ページ」や「余白」になっていれば、このチェックのON/OFFに関わらず、連動して動かないように設定されるようなのですが、「目印は動いては困る」を意識するため、自分でチェックを外しています。), パンチで穴を空ける時の、縦半分の目印を設置することができました! 「ページ」で「下」と設定したので、ページの下端に、選択した図の下端が揃っています。 【Word 2007】 1ミリにも満たないことでナーバスになる必要はないですヨ。, 早速、三角形の上端の位置を「229mm」に設定していきましょう。 【Word 2013】[オブジェクトの回転]ボタンから[左へ90度回転]をクリックします。 作った文書を印刷して、ファイリングしておかなければいけないという方も多いのではないでしょうか?, パンチで穴をあける時に、真ん中の目印になるよう、印刷した文書をちょっぴりだけ半分に折る方も多いはず。 三角形を選択した状態で、同じく[描画ツール]の[書式]タブ、[配置]グループにある、 今回はこのダイアログボックスだけをやたらと使うので、まずはその出し方から。, 写真やイラストといった、図を選択した場合には、リボンに[図ツール]の[書式]タブが表示されるので、それをクリックします。, 描いた図形を選択した場合には、リボンに[描画ツール]の[書式]タブが表示されるので、それをクリックします。, [その他のレイアウトオプション]をクリックします。 2つの図形とも、[右方向の距離]を「ページ」で「5mm」に設定すると、回転させていない三角形は、ちゃんとページの端から右方向に5mmの位置に、図形の端が配置されますが、回転させた方はズレているように見えます。 今回は、申込書の部分の高さは、「130mm」にすることにしました。, Wordを起動して、新規文書に図形の[直線]を描き、線種を点線に変更したり、線の色を整えます。 今回の設定で使うのは、その中の[配置]タブのみ! これはプリンター側のフチなし印刷の仕組みによるものだと思います、たぶん。 この時、例えばサイズを「4」と設定したのに、設定後に「3.99」となるといったことが起きても、それはWordさんが自動で調整していることなので特に気にする必要はありません。 ちなみに、今回の設定では、横方向(水平方向)の設定しかしていないため、図は横方向にのみ動き、縦方向には動きません。 ダイアログボックスを表示させたら、まずは[水平方向]の設定から。

.

育児休業給付金延長 疎明 書 6, ラダー 図 スラッシュ 5, 運動会 和風 曲 11, Switch Up 剣盾 7, ミシン フットコントローラー 互換性 9, 城田優 佐藤健 仲良し 51, スーパーリーグ ゴースト ゲンガー 39, Vba 乱数 重複しない 9, We Can2 Unit6 指導案 5, 退職 引き止め 返事 12, ワード 開く Mac 6, 猫 便秘 おやつ 15, クリミナル マインド シーズン2 13話 4, オーストラリア お土産 個 装 4, グーグルマップ 緑 の 線 消す 17, S2000 ドレン タンク 4, マイクラ 統合版 ティック領域 6, カレン カーペンター ストーリー 33, セレス 香水 届かない 53, Aterm Wg1200hs3 Upnp 4, デビクロ くん の恋と魔法 公式 サイト 4, Ark Tek 恐竜 電子基板 14, ハリアー ホイール ロジャム 5, Tt Ba09 青の点滅 13,