ベタは丈夫で酸欠に強いことから、ボトルなどで飼育されていることも多いです。しかし、小型容器だと水温や水質が変化しやすく、ベタのストレスの原因になりがちです。ベタがストレスを感じると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。 まずは食性が雑食性であることが挙げられます。 2018/10/20 今回はカルキ抜きに焦点を当てて解説していきます!, グッピーは丈夫な魚種ですが、飼育環境の管理を怠ると病気になってしまうので注意してください。グッピーが病気になる大元の要因はストレスによる免疫力の低下があるので、水換えなどのメンテナンスをきちんと行うことはもちろんのこと、混泳相手にも気を付ける必要があります。ここでは、グッピーの病気について種類や治療法などを解説していきます。, メダカの飼育始めるには、春からが良いとされていますが秋もおすすめです。秋から飼育することで、来シーズン一番から繁殖させられるなどの利点があるからです。しかし、越冬のことを考えてしっかりと給餌を行わなければなりません。ここでは、秋にメダカの飼育を始めるメリットや、越冬のために秋の間に与えるおすすめ餌などについてご紹介します。, 出目金は古くから親しまれてきた金魚の1種で、魚体から大きく飛び出た目が特徴的な品種です。飼育自体は他の金魚と同様に環境への適応力が高いので容易ですが、飛び出た目が傷つきやすいので取り扱いにはやや注意が必要な品種でもあります。ここでは、出目金について飼育方法や大きく育てるためのコツ、飼育上の注意点などをご紹介します。, アクアリウムでは水質管理が一番大切な部分ですが、普段なにげなく使用している機材などの材質によって水質が変化してしまうこともあるんです。そこで今回は水質に影響がなくさびにくい、ステンレス製のアクアリウム関連用品でおすすめのアイテム素材の特徴などもお話ししていきます。, 高級ホテルや料亭などでも飼育されているアロワナですが、その大きさもあって大抵は1匹で飼育していることが多いです。自宅で飼育している人も基本単独での飼育と思っている人が多いですが、アロワナと一緒に飼える生き物がいるんです。, 縁日の中でも気になる存在である『金魚すくい』。 おそらく、水をすべて変えたことによるpHショックかエラ病と思います。 W1200×D600×H400mm、4層式の大型濾過槽です。 一昨日、砂利が汚れていたので、思い切って全部の水換えをしてしまいました。 ネットで調べて水槽に塩水0.5%投入してみましたが、変化はありません。 エラの動きが不規則で体色が薄くなってきているなら、エラ病の可能性が高いです。 腹水病の報告が多い魚種としてはグッピー、金魚、メダカ、コリドラス、ベタ、ネオンテトラなどが挙げられます。ここでは、これらの魚種が腹水病にかかりやすい理由をご紹介します。 食性. そのまま今朝を迎えましたが、ヒレの端が白くなっています。, 何の病気でしょうか? みなさまに充実したアクアリウムライフを送っていただくことを使命としております. 情報を発信する立場として、正確な情報を分かりやすい文章でお伝えすることを心がけています。 アクアリウム, 淡水魚, 淡水魚水槽, 金魚, 熱帯魚や生き物, 観賞魚の飼育において病気はつきもので、中でも厄介な病気として「腹水病」が知られています。この病気はストレスを受けたり病原体に感染することで起こる、消化器系を中心とした内臓疾患によって腹部に水が溜まってしまう病気です。, その結果、腹部が膨張してしまい鑑賞性が著しく低下し、病状が進行すると衰弱死してしまいます。この病気は致死率が高いことでも知られているので、早期発見・早期治療が重要です。ここでは腹水病について症状や原因、かかりやすい魚種やその治療法などをご紹介します。, 腹水病や尾ぐされ病などの対策や解決策、水槽のレイアウト方法なども随時解説・配信しています!, 初期症状としては活動性の低下や食欲の減退が見られ、病状が進行すると腹部が膨張して白いフンを出すようになります。また、腹水病はポップアイや松かさ病を併発することが多く、り患してしまうと治療が困難です。, 腹部が膨張する理由は後述する原因により、消化器系を中心とした内臓疾患が生じて腹部に水が溜まるからです。そのため、この病気は”腹水”病と呼ばれています。, 観賞魚も私たちと同様に、生活環境が悪ければストレスを感じて免疫力が低下し、やがて病気にかかってしまいます。, ストレスになる要因としては、飼育水が不適切、頻繁な水換え、水換えの際に毎回網ですくって別の容器に移す、餌の与えすぎ、エアレーションの不足、などが挙げられます。, 飼育水の水温や水質が観賞魚にとって不適切な状態になっていると、ストレスとなり弱ってしまいます。また、通常の水換えの時は網などで掬うと傷を作ってしまうこともあるので、観賞魚を別の容器に移してはいけません。, 頻繁な水換えは一見すると良いことのように感じると思いますが、有害物質を分解するバクテリアの定着を阻害してしまうので、アロワナのような極端に水を汚しやすい魚種以外では推奨できません。, さらに、餌を与えすぎたり、エアレーションが不足するとアンモニアや亜硝酸の濃度が高くなり、観賞魚はストレスを感じてしまいます。, 腹水病を引き起こす細菌として、「エロモナス・ハイドロフィラ(運動性エロモナス菌)」が知られています。この病原細菌は淡水や沿岸海水に常在しているため、魚の免疫力が正常であれば感染しません。, しかしながら、前述したようにストレスを感じて免疫力が低下していたり、飼育水の汚れなどが原因で病原菌が異常繁殖すると細菌感染する場合があります。, 運動性エロモナス菌が引き起こす病気としては他にも、赤班病や松かさ病、ポップアイなどが知られており、腹水病の症状に加えてこれらの病状が見られる場合は、細菌感染が原因である可能性が高いです。, 腹水病は、何らかの原因で消化器官を中心とした内臓に炎症が起こることでお腹に水が溜まる病気です。そのため、観賞魚に合わない餌を与えると消化不良などを誘発し、消化器官がダメージを受けることにより腹水病が発症することもあります。, また、餌に問題がなくても与え方が不適切だと、同様に腹水病を発症させてしまうことも考えられます。餌は観賞魚がきちんと活動している時間に与えて、消化に悪いものを与えていないか、餌が古くなっていないかなど確認してください。, 腹水病の報告が多い魚種としてはグッピー、金魚、メダカ、コリドラス、ベタ、ネオンテトラなどが挙げられます。ここでは、これらの魚種が腹水病にかかりやすい理由をご紹介します。, まずは食性が雑食性であることが挙げられます。雑食性の魚種は肉食性の魚種よりも長い腸を持っており、その分だけ消化に長い時間を要します。よって、餌の良し悪しの影響を受けやすく、消化不良を起こした際に消化器系が損傷しやすいのです。, 次に、品種改良の弊害や近縁個体同士の繁殖による遺伝的多様性の低下といった要因があります。グッピーや金魚などは品種改良を繰り返した結果、先天的に内臓が弱い個体が生まれることが知られています。, また、個人で繁殖を楽しむ場合に見られるケースとして、同一水槽内で世代が進んだ結果、遺伝的多様性が失われて病弱個体が生まれやすくなることがあります。よって、繁殖を楽しむ場合には、定期的に外部から新しい個体を迎えた方が安全です。, そして、これらの魚種は一般的に丈夫で飼育しやすく、ベタを除けば混泳相性も良いので、過密飼育や不適切な水質での飼育など、ストレスになりやすい環境で飼育されているケースが散見されます。, 観賞魚が適応できる環境と快適に暮らせる環境は別なので、これらの魚種に対しても生活しやすい飼育環境を作ることが大切です。, 腹水病の疑いがある場合、まずは病気の拡散を防ぐために病魚を隔離しましょう。その後の治療法について以下で紹介します。, まず前提として、塩水浴は腹水病に対して直接の治療効果は持ちません。しかし、塩水浴には観賞魚の浸透圧調節を助けてストレスを軽減することにより、自然治癒する力を高める効果があるため、病気の初期段階であれば治癒する可能性があります。, 方法としては、観賞魚専用の塩や無添加の塩をカルキ抜きした水道水に、濃度0.3%から始めて徐々に0.5%になるように溶かします。そうすることで塩水に慣れさせつつ、通常の水合わせの要領で隔離した容器の飼育水と入れ替えます。ちなみに、0.3と0.5%の濃度になる食塩の量は水1Lに対して3gと5gです。, 塩水浴を行っても症状に改善が見られない場合は、後述する薬浴を並行して行う必要があります。, 塩水浴の注意点としては、バクテリアが存在しにくい環境になり、水質が悪化しやすいので水換えを小まめに行うことと、餌の量を少なくすることです。, 特に始めてから2~3日の間は特にアンモニアや亜硝酸が蓄積しやすいので、水換えは毎日行う必要があり、その間は餌も与えない方が良いです。治療が完了して塩水浴を終了する時は、水合わせを行ってから飼育水槽に戻してください。, 薬浴は魚病薬を飼育水に添加して観賞魚を治療する方法です。前述した塩水浴と併用することも一般的に行われています。腹水病に効果がある魚病薬は「観パラD」や「グリーンFゴールド」が挙げられます。, また、魚病薬ではないのですが、「ニトロニダゾール」と呼ばれる化学物質が腹水病の病原体に効果があるとされており、その成分を含む薬として医薬品の「フラジール」が有名です。, 魚病薬を使った薬浴の方法は基本的には塩水浴の場合と同様で、濃度についてはパッケージに記載されている規定量で行ってください。, フラジールの場合は錠剤の形で販売されているので、まずは粉末の状態に砕いてカルキ抜きをした水道水に溶かします。, 後は、魚病薬の場合と同様に水合わせの要領で飼育水と交換し、必要に応じて水換えを行ってください。, 薬浴を行う場合は、基本的にはフィルターは使用しないでください。フィルター中に活性炭などの吸着性のろ材が入っていた場合、薬効成分を吸着してしまい魚病薬が十分な効果を発揮できない可能性が生じます。心配な場合は、ウールマットのみの投げ込み式ならば、特に影響がなく酸素供給もできますのでおすすめです。, また、ろ材に定着しているバクテリアに悪影響を及ぼす可能性もあるので、水質の悪化に対しては水換えで対応してください。, ココア浴は名前の通り、ココアを溶かした水で行う治療法です。しかし、この手法は人によって評価が分かれる方法なので、実行するのであれば自己責任で行う覚悟が必要です。, 人がココアを摂取した際の薬効は認められているので、観賞魚に対しても薬効が発揮されることは十分に考えられ、実際にココア浴で腹水病の治療を成功させた例もあります。, 方法としては、砂糖などが入っていない純ココアを0.02~0.05%の濃度になるように、カルキ抜きをした水道水に溶かします。同濃度になる分量は水1Lに対して純ココア0.2~0.5gです。あとは水合わせ時と同様にして飼育水と交換します。, ココアはカカオ豆から作られているので、食品としての品質には問題がなくても、生産された季節や年によって薬効成分が増減していることは十分に考えられます。よって、同じ純ココアを謳う製品であっても治療効果にバラつきが出る可能性があります。, それから、ココア浴を行う場合は、前述した塩水浴や薬浴を併用することはできません。また、ココア浴の場合も薬効成分が吸着されてしまったり、バクテリアがダメージを受けることがあるので、フィルターの使用は避けてください。, 腹水病はグッピーや金魚、メダカなどアクアリウムで人気の魚種に多く見られる病気です。一度発症すると治療が難しく、致死率も高い厄介な病気として知られています。, 他の病気以上に早期発見・早期治療が重要になるので、日頃からよく観察すると同時に、魚たちにとってストレスが少なく快適に暮らせる環境を整えてあげることが大切です。, 水槽のプロ トロピカライターの上原巧です。 魚介類は観賞するのも食べることも好きです。 確かに飼育が難しいイソ・・・, このオーダーメイド濾過槽の特徴 薬は水槽全体に影響がありますので隔離容器(バケツなど)で行いましょう。 ベタのポップアイ症状はどんな病気で治療法や原因と完治について!ポップアイ症状と原因は?. 金魚すくいの・・・, 熱帯魚水槽のレンタル・リース・メンテナンス・販売を行っております。 この場合はそのまま塩水浴を続け、毎日ほぼ全換水(弱っている場合は網で掬うなどすると体力を奪うことがあるので、1/4程度残して水換えします。)で水質を維持します。 これは 腹水病 というもので、 エロモナス感染により内臓系が正常に機能しておらず 、主に水質が不安定の時に体調のすぐれない子がかかってしまいやすい病気です。 エロモナス感染初期にはココア浴 魚介類は観賞するのも食べることも好きです。 みなさまに充実したアクアリウムライフを送っていただくことを使命としております. ・・・, 熱帯魚水槽のレンタル・リース・メンテナンス・販売を行っております。 水温は28度約2Lの瓶で、個別に飼育いています。水の中にふわふわとした白い綿のようなものも沈殿しています。 でもなんだか難しそうだな…というイメージがありませんか? 腹水病は市販されている薬で治療するのが一般的ですが、腹水病にかかる原因はいくつかあります。, この記事では、ベタの腹水病の治療と、薬浴や薬餌について、まとめていきたいと思います。, この症状が出る前に、食欲の衰退が見られ、症状が進んでくると水槽の一箇所でじっとしているように元気がなくなります。, メスはお腹が大きくなっても妊娠と勘違いすることも多く、発見が遅れてしまう危険もあります。, 腹水病の原因となるのは、「エロモナス菌」という菌が広く知られており、実際の腹水病の原因もこの菌であるものが多いと考えられています。, ただ他にもウイルスによる感染症や、内臓の疾患、先天性異常や、原因不明で腹水病になることもあるとされ、はっきりと原因を特定するのは簡単ではありません。, しかしこのパラキソリンFも、エロモナス菌などの細菌由来の腹水病には効果を発揮しますが、ウイルスや、先天性異常による腹水病には効きません。, 薬餌の効果があるかどうかは、使ってみないと分からず、薬をどの程度使用するかの判断は難しいといえます。, 腹水病はベタなど熱帯魚にとって身近な病気ですが、かかってしまうと完治させるのが難しい、恐ろしい病気です。. 塩水浴は3日目あたりから効果が出始め、1週間程度行う治療法ですので一晩では効果がわからないです。 私の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。, 赤虫のおすすめベスト7や与え方を解説!赤虫はユスリカの幼虫で、たんぱく質が豊富!嗜好性が高く魚たちの食いつきがいいことでも知られています。熱帯魚や金魚のエサとして販売されている赤虫の種類は冷凍赤虫、乾燥赤虫、半生タイプの3タイプです。飼育している生体の大きさや、種類にあわせてタイプを選びましょう!, 高さのある水槽レイアウトができないと悩んでいませんか?一般的な水槽よりも高さのある「ハイタイプ水槽」なら、高さのあるアイテムを使用しやすく高低差のあるレイアウトを作れます。今回は、高低差のあるレイアウト水槽を作りやすいおすすめのハイタイプ水槽や証明やフィルターなどの器具についてご紹介していきます。, 水槽は正面から眺めるものと思っていませんか? 2019/7/18 2020/8/31 よろしくお願いいたします。, 薬浴は100%新しい水で行います。 丈夫で比較的飼育がしやすいので、海・・・, 水槽のレイアウトに使用する石はショップで購入することができますが、そして石の種類によって長期間水中に置くことで、水質に与える効果が変わってくるのをご存知でしょうか?今回は溶岩石とはどんな石なのか、水質にメリットがあるのかや、実際に溶岩石を使った水槽のレイアウト事例もご紹介していきます。, 水槽のなかでゆらめくイソギンチャクは、神秘的かつ美しいものですね。 Copyright (C) 2020 熱帯魚ベタの飼育辞典 All Rights Reserved. 水換えのストレスでしょうか。 底には白い砂利とガラスビーズを敷き、アナカリスとマツモ等の水草を入れています。, 5日くらい前から寝る回数が増えたと思っていましたが、元気だったので気にしていませんでした。 その勝算を上げるポイントを5つにまとめました! 腹水病は早期発見・早期治療がとても大切です。 他の病気と違って、お腹がパンパンに膨らむので、毎日観察していればすぐわかると思います。 まず病気の拡散を防ぐ為、腹水病にかかった魚を隔離してく … ベタの松かさ病の原因と症状は?ココア浴ってなに? 公開日 : 2017年10月22日 / 更新日 : 2017年10月16日 腹水病は市販されている薬で治療するのが一般的ですが、腹水病にかかる原因はいくつかあります。 原因によっては薬の効果は十分得られないこともあります。 この記事では、ベタの腹水病の治療と、薬浴や薬餌について、まとめていきたいと思います。 砂利も取って、カルキ抜きとpsbを添加した水で水合わせしましたが、昨日急に底で倒れたまま動かなくなりました。, たまに呼吸しに水面に行きますが、だいぶ弱っていて、エラのヒレがほとんど動かず、左右のバランスが取れないような格好にもなったりします。 水中に水草や石、流木などをきれいに配置した水槽の多くは、確かに正面から見たときに一番美しく見えるよう計算されてレ・・・, 小型・中型水槽から大型水槽へ切り替えるとき、フィルター選びで迷うことは多いのではないでしょうか。また大型水槽を使用している人でも、今現在使用しているフィルターよ・・・, 海水魚の中でも特に種類が多く、とてもポピュラーな魚のハゼは、カラフルで愛嬌のある顔立ちからとても人気がある海水魚です。 It appears that you have disabled your Javascript. 我が家のベタを何とか助けたいです。, ご返信が遅くなりました。 1.ポイを知る 情報を発信する立場として、正確な情報を分かりやすい文章でお伝えすることを心がけています。 ポイとは? ②薬を投入する前に、水槽の水を一度交換したほうが良いでしょうか? 清潔な水で行うことで薬の効力を発揮できます。 オーダーメイドの濾過槽をご紹介します。 また、カルキ抜き剤を使うこと、使わないこと、それぞれどんなメリットがあるでしょうか。 Oops! アクアリウム, 淡水魚, 淡水魚水槽, 熱帯魚や生き物, ベタ, ベタは丈夫で飼育しやすいため、アクアリウムの入門種としても適した熱帯魚なのですが、その丈夫という触れ込みから、過酷な環境で飼育されている様子が散見されます。, ベタが快適に生活できる環境と、何とか生きて居られる環境は当然ながら違います。後者のような環境でベタを飼育すると、そのストレスによって病気にかかりやすくなってしまうので注意が必要です。, ベタに多い病気としては「ウーディニウム病」が知られており、放っておくと命を落としてしまうため早期の治療が重要です。, ここでは、代表的なベタの病気を7つ挙げ、それぞれについて原因と症状、対処法などを解説していきます。, ベタをはじめ、熱帯魚飼育の情報から病気の治療法、お役立ちアイテムまでを動画でわかりやすく解説しています。, これらの病気はいずれも「カラムナリス菌」が原因なので、カラムナリス病と総称されることもあります。同病原菌は水中常在菌で、ベタの免疫力が正常なら発病しません。よって、ベタの免疫力が低下しないように、適度な給餌や水質の維持管理が重要です。, 症状としては、カラムナリス菌が生成する強力なタンパク質分解酵素によって、魚体がダメージを受けることが挙げられます。, 尾ぐされ病の場合、初期段階ではヒレが白く濁る程度ですが、病気が進行するとヒレが溶けてボロボロになってしまいます。口ぐされ病に関しては、初期段階では口の周囲に変色や充血などの症状が見られ、進行すると患部の組織が喪失してしまいます。, この病気は感染力が強いので、他の生体と混泳させている時は、病魚を隔離したうえで治療を行ってください。治療法としては塩水浴と薬浴が挙げられ、初期段階であれば0.5%濃度の塩水浴を行い、それで治らない場合や発見時に病状が進行していた場合は薬浴を行います。, 魚病薬は「グリーンFゴールド顆粒」や「観パラD」など、細菌性感染症に有効なものを使用してください。, 水カビは水中に常在している真菌類で、これがベタに寄生することで発症します。この病気もベタの免疫力が低下すると発症しやすくなり、特に輸送や病気によって外傷が生じると、発症リスクが高くなるので注意が必要です。, 症状としては魚体に水カビが生え、その水カビはベタから養分を吸収して増殖し、次第にベタを覆ってしまいます。進行してエラにまで到達すると呼吸困難に陥り、そうでなくても浸透圧調節が破壊されると死に至ります。, 治療は薬浴で行います。効果的な魚病薬としては「グリーンFリキッド」など、メチレンブルー系のものが挙げられます。, 繊毛虫の1種である「ウーディニウム」が寄生することで発症する病気で、「コショウ病」とも呼ばれています。同魚病も水質の悪化時など、ベタの免疫力が低下した時に発症しやすくなり、ベタがかかりやすい病気として知られているので注意が必要です。, 発病するとベタの体に白色をベースにやや黒色を帯びた小さな斑点が現れ、コショウを振りかけたような見た目になります。, この病気は初期段階では外見的変化が少ないため発見しづらく、気が付いたときには病気が進行していることもあるので、日頃からベタの様子をよく観察しておくことが重要です。, 治療は塩水浴と薬浴で行います。初期段階であれば0.5%の塩水浴だけで治癒することもありますが、治らない場合は「グリーンFリキッド」などメチレンブルー系の魚病薬で薬浴を行ってください。薬浴の際は塩水浴を並行して行うことも効果的です。, 観賞魚の代表的な病気で、原因は「ウオノカイセンチュウ(イクチオフチリウス)」と呼ばれる繊毛虫に寄生されることです。同寄生虫は水中に常在しているので完全に駆除することは不可能で、ベタの免疫力が正常であれば発症しません。, そのため、水温や水質を適切な状態で保つなど、ベタがストレスを感じないように飼育環境の維持管理が大切です。, 症状としては、ベタの体に白色の斑点が現れて体を擦り付けるように泳ぐ、などが挙げられます。この白点は、上記のウーディニウム病よりも大きいので判別が可能であるとともに、発見もしやすいです。, 直ちに命にかかわる病気ではありませんが、白点がエラにまで及ぶほど広がると呼吸困難による絶命の危険があるため、早期に治療してあげてください。, 治療法としては塩水浴と薬浴が挙げられ、病原寄生虫は高水温では繁殖できなくなるので、30℃程度にまで加温して行うとより効果的です。有効な魚病薬としては、「アグテン」やメチレンブルー系の薬剤が挙げられます。, これらの病気は「エロモナス・ハイドロフィラ」と呼ばれる細菌による感染症です。同病原菌は鞭毛を持ち運動する性質を持つことから、これらの病気を「運動性エロモナス症」と総称することもあります。, 松かさ病は、鱗の基部にある「鱗嚢」と呼ばれる部位に水様物が溜まることで鱗が逆立ち、松ぼっくり(松かさ)のような見た目になる症状が、ポップアイは眼球が魚体から突出する症状が出ます。, これらの症状は、ベタの体内で異常増殖したエロモナス菌の毒素で、ベタの体組織が壊死した結果、内臓が機能不全を起こしたり、血管から血液や漿液が滲出することで発生します。, 治療は主に「グリーンFゴールド顆粒」や「観パラD」、「パラキソリンF」などの魚病薬を用いた薬浴で行いますが、その際に塩水浴を並行すると効果的です。また、同病原菌は25℃以上の高水温時に増殖しやすいので、治療を行う時は24℃程度まで水温を下げることも有効です。, この病気はベタの腹部に水が溜まって腹部が膨張し、ほとんど動かなくなってしまう症状が出ます。また、フンの状態が変化し、白っぽくなったり透明感を持つようになることも特徴です。, 原因はいくつかあり、消化不良によるものや上記のエロモナス菌によるものなどが知られています。特に、エロモナス菌が原因だった場合は、腹水病から松かさ病やポップアイの症状が出ることが多いので、速やかな治療が重要です。, 治療法としては、餌の見直しや薬浴・塩水浴が挙げられます。まずは、ベタが消化不良を起こさないように、給餌の時間と回数が適切であるか、餌が傷んでいないかなどを見直してください。, そして細菌感染も疑われるので、「グリーンFゴールド顆粒」や「観パラD」、「パラキソリンF」など細菌性感染症に効果がある魚病薬で薬浴も行ってください。, ベタは基本的には丈夫な魚種なのですが、ストレスを感じるとヒレに異常が出ることがあります。ヒレが裂けたり、ヒレに小さな穴が開くなどの異常が生じた場合は、ベタが現在の飼育環境にストレスを感じている可能性が高いので、環境の見直しが必要です。, 具体的には、水温の変化を少なくする、水質を適切な状態で保持する、照明時間のサイクルを一定にするなどが挙げられます。, また、水草を入れてあげると、ストレス軽減に役立ちます。水草は葉が硬いタイプだとヒレが引っかかって裂ける恐れがあるため、マツモなどの柔らかい種類や浮き草タイプがおすすめです。, 冒頭でも述べましたが、ベタは丈夫との理由からボトルなどの超小型容器で飼育されることも多く、容器が小型だと水量も少なくなります。, すると、1日における水温の変化が大きくなったり、フィルターを運用できないこともあって水質が悪化しやすくなるので、必然的にベタにストレスがかかりやすい環境になってしまうのです。, また、ベタはその大きなヒレから、泳ぎがあまり得意でない魚種であることも知っておかねばなりません。十分な水量を確保できる大きさの水槽であっても、常に強い水流が発生しているとベタが泳ぎ疲れてしまい、これもまたストレスの原因になってしまいます。, ベタを含む観賞魚の飼育においてストレスは大敵です。なぜなら、人間と同様に魚もストレスを感じると、免疫力が低下して病気にかかりやすくなるからです。, そのため、ベタを健康的に長生きさせたいのであれば、なるべくストレスがかからないような環境を用意し、その環境を保つために適切なメンテナンスを行うことが重要です。, ベタは基本的には丈夫な魚種なので、アクアリウムの入門種としても適しています。だからといって、ボトルのような小さい容器で飼育すると、ベタがストレスを感じる環境になりやすいので、環境の維持管理により注意を払わなければなりません。, ベタが病気になってしまった時は塩水浴や薬浴で治療を行いますが、なかなか治らないからと規定濃度を超える分量の投薬は避けてください。薬は分量を間違えると毒になるので、投薬が原因でベタが死亡する恐れがあります。, 治療方法を紹介してきましたが、何より病気にならないことが1番なので、日頃から飼育環境の維持管理はしっかりと行ってあげてください。, 水槽のプロ トロピカライターの上原巧です。

.

可愛い キッチン用品 プレゼント, キャンプ 楽しみ方 大人, ピアノ アルペジオ 高速, オルチャンメイク 40代 ブログ, シャープ 掃除機 水洗い, Imac 2019 21インチ, Vrx 155/65r14 定価, 生田斗真 弟 元嫁, フーガ 内装 剥がれ, スカーレット 鮫島 別れた理由, 雇われ社長 辞めたい 弁護士, ヤフー 検索履歴 表示, ファイル転送速度 遅い 原因, Pacファイル 書き方 サンプル, トイレ パッキン サイズ, 軽 キャンピングカー 日本一周, ドラマ主題歌 2019 夏 ランキング, グラブル生放送 2020 6月, Iphone メモ 復元 機種変更, 嵐 いい歌詞 フレーズ, サマータイム ロンドン 2020, ラルフローレン タオルハンカチ 高島屋, スマホ 写真 アルバム 作り方, フラットケーブル 断線 修理, パソコン グラフィックス 確認, スタバ タンブラー 値引き, スープジャー 餅 溶ける, フィットハイブリッド グレード 違い, ポスト イラスト 可愛い, すみすみ ビッグスイーツ 240, シェルスクリプト ディレクトリ 一覧,